わかりやすく説明!パッカー車の比較6サイト

トップ > パッカー車について > 事業の目的に合わせて最適なパッカー車選びをする

事業の目的に合わせて最適なパッカー車選びをする

ゴミ収集事業を行う上で欠かせない車としてパッカー車がありますが、パッカー車にも様々な種類があるのでどのような事業を行っているのかを明確にする事が大切です。
事業の目的に合わせて積載量であったり構造であったりを最適なものを選択する事で、効率よく業務を進める事が可能になります。
パッカー車の仕組みを知っている人は少ないので、実際に購入する際にパッカー車販売業の担当者に詳しく説明を聞く事が大切です。
一度に大量のゴミを輸送するのであれば収集したごみを圧縮して、そのゴミを荷箱に収納しなければいけないのでどれくらいのゴミを収集するのかを知る事も重要です。
パッカー車には圧縮版でゴミを圧縮するプレス式やゴミを巻き込んで回収する回転板式、荷箱が回転するロータリー式などがあります。


ゴミを投入して手前と奥で強力に圧縮できる仕組みなのがプレス式であり、投入口の手前でプレスプレートを用いてゴミを細かく砕きます。
その後に押し込み板が作動してゴミを圧縮して荷箱へ詰める仕組みである為、小さい種類のゴミから粗大ごみまで様々なゴミを収集する事ができます。
回転式のパッカー車ではゴミを重ねてまとめていくといったイメージで、投入口のゴミを回転板が荷箱へ書き込んで押し込み板で奥に詰めていきます。
圧縮力がプレス式よりも弱いので積載できる量は少なめになりますが、小さいゴミであれば十分に収集する事が可能です。
ロータリー式のパッカー車では大きな円柱型のドラムがゆっくりと回転しながらゴミを荷箱の中へ押し込んでいく仕組みです。
汚水が飛び散らないメリットがあると共にシンプルな構造である為に清掃がしやすいといった特徴があり、作業員が扱いやすい仕組みになっています。


パッカー車に積み込んだゴミを排出する際にも様々な種類があるので、作業がしやすい仕組みのパッカー車選びをする事が大切です。
ゴミの排出方法には押し出し式と呼ばれる排出板を使ってゴミを荷箱の奥から外へ押し出す仕様のものがあり、ゴミを荷箱に残す事無く排出する事ができます。
ダンプ式と呼ばれる排出方法の仕様のパッカー車では、荷箱そのものをダンプアップして集めたゴミを排出する事になります。
排出板でゴミを押し出すのではないので細かいゴミが残りやすくなりますが、軽量ゴミの収集に適している回転板式のパッカー車との相性が良い仕様になります。
パッカー車には小型のサイズから大型のサイズまで様々あるので、どのような目的でどれくらいのゴミを運搬するのかによって最適なパッカー車選びをする事が大切です。

次の記事へ

カテゴリー

ページトップへ