わかりやすく説明!パッカー車の比較6サイト

トップ > パッカー車について > パッカー車は集めたごみの排出方法に違いがあります

パッカー車は集めたごみの排出方法に違いがあります

パッカー車と呼ばれているゴミ収集車ですが、ゴミを集める方法は3つ程の種類がありますよ。
ゴミを効率よく連続的に回収ができるロータリー式の他に、ゴミを小さく砕いたり重ねて押しこんで回収するプレス式や回転式などがあります。
それぞれにメリットがあり特徴も違うので、回収対象となるゴミの種類に合わせて使い分けることが多いです。
回収方法に違いがあるパッカー車ですが、同じように集めたゴミを排出する方法にも2つの種類に分けられていますよ。
排出方法の違いによって特徴やメリットにも違いがあるので、違いを理解したうえでより効果的な排出方法を選ぶのが重要となってきますね。
では実際に選べる排出方法には2つあり、押し出し式タイプとダンプ式タイプに分けられます。
まず押し出し式タイプは細かいゴミなども排出できるので、回収方法としてはプレス式などに多く採用されいているタイプになりますよ。


逆にダンプ式の場合は回転板式タイプに多く採用されているタイプとなりますよ。
では実際にそれぞれの特徴ですが、まずは多く見かけことが多いのが押し出し式タイプになります。
押し出し式タイプはゴミを貯めておく場所となる荷台部分の一番奥に、排出板と呼ばれる板が設置されているという点がありますよ。
排出する場合は奥にはりう排出板が手前にスライドしてくるので、ゴミを置くから押し出して排出していく感じになりますよ。
そのため奥にゴミが残ると言う事もなく、綺麗にゴミを排出することができますね。
そのためプレス式などはゴミを細かく砕きながら圧縮して回収していくので、奥までぎっしりとゴミが詰まっている状態になります。
その状態からであっても奥から綺麗に押し出してくれるので、排出力の高いタイプとなりますね。
またゴミ収集車自体にゴミを残すことなく排出できるので、人が中に入ってゴミをかき出すといった作業を行わずにすみます。


もう1つの種類となる排出方法となるのがダンプ式になりますが、これはダンプカーをイメージするとよいですね。
ダンプカーは荷台部分の一部がせり上がり荷台の荷物を落とすことができます。
それと同じようにダンプ式タイプは一部がダンプアップして荷台に傾斜ができるので、その傾斜を利用してゴミをしたに排出する方法となりますよ。
ゴミの排出には荷台の傾斜のみを利用する事になるので、荷台の奥や小さいゴミなどは奥に起こってしまうことも多いです。
そのためダンプアップを行ってゴミを排出後に、荷台に残ったゴミを履きだす作業が必要な場合もありますね。
ただし軽量タイプのごみなどは傾斜のみでも綺麗に排出することができるので、小枝などの排出などがおおい回転式タイプのパッカー車に採用されていることが多い排出方法の1つとなりますよ。

次の記事へ

カテゴリー

ページトップへ