わかりやすく説明!パッカー車の比較6サイト

トップ > パッカー車について > パッカー車の特徴となる回収方法の種類

パッカー車の特徴となる回収方法の種類

パッカー車は働く車の1つであり、一般的にはゴミ収集車と呼ばれているタイプになりますよ。
普段生活するなかで出るゴミを回収してくれるので、快適に生活するために欠かせない重要な車の1つとなっています。
そんなパカー車ですが、ゴミを回収する際の回収方法自体は3種類ほどあり、それぞれに特徴があります。
まず一般的に多く見かけるタイプとなるのが、プレス式タイプと呼ばれる回収方法になりますよ。
プレス式と呼ばれる場合もありますが、圧縮板式とも呼ばれることがあります。
プレス式はゴミを2段階に分けて圧縮しながら回収するので、最大の特徴はゴミはかなりの量を回収できるという点があります。
また1回目の圧縮でゴミを細かく粉砕することができ、2回目で奥まで押し込む仕組みになります。
1回目の圧縮では電化製品など大きなゴミでも、粉々に粉砕するパワーを持っていますよ。


プレス式タイプのパッカー車の場合は、強力な圧縮力を活かして家庭ゴミや事業ごみの他に粗大ごみの回収にも多いに役立つタイプをいえますね。
次に2つ目の種類となるのが回転板式タイプとなり、巻き込み式とも呼ばれるタイプとなりますよ。
プレス式のようにゴミを小さく砕いて圧縮しながら回収するのとは異なり、回転板がゴミを奥に押し込みながら回収するタイプとなります。
そのためゴミを次々と重ねて集めていくというイメージになりますね。
回収口には2つの回転板があり、入口の小さい板がゴミを集めてくれます。
次に集めらたゴミを大きな回転板が、奥へと押し込んで回収する流れとなります。
回転式タイプの場合は粗大ごみのように、家電などを細かく砕く事は無理となります。
ですが家庭ごみの他に小枝などの回収にはとても優秀なので、造園業の会社などが多く利用しているタイプになりますね。
そのため利用される場面としては、家庭ゴミや事業ゴミの回収の他に、木くずや繊維くずの回収などにおすすめですね。


最後の3つ目の種類ですがロータリー式タイプと呼ばれる回収方法であり、荷箱回転式とも呼ばれている種類になりますよ。
パッカー車の中でも回収できる数は多くないので、一般的にはあまり見かけることがない種類となりますね。
回収方法はゴミの回収口にある大きな円柱型ドラムが回りながら、ゴミを奥の荷台へ流しながら回収していく方法となります。
ゴミを回収している最中はつねにロータリー部分となるドラムが回転している状態なので、作業をする時な続けてゴミを投入し続けることができ効率がよいです。
ゴミを圧縮したり押し込むタイプではないので、水分などが飛び散る事などは無く回収する作業としては扱いやすいタイプといえますね。
ただし回転式やプレス式に比べると、押し込んだり細かくするという事は無いので、一番収集できる量は少なくなります。
このように同じパッカー車と呼ばれるタイプは数種類ありますが、特徴やゴミ集積量などに違いがあるので状況に合わせて使い分けるのがポイントとなりますね。

次の記事へ

カテゴリー

ページトップへ