わかりやすく説明!パッカー車の比較6サイト

トップ > パッカー車について > パッカー車の仕組みや車両の選び方

パッカー車の仕組みや車両の選び方

廃棄物処理業者や造園業者にとって欠かせないトラックがパッカー車です。
誰もが頻繁に見かけたことのある特殊車両でありながら、実はその種類や構造についてよく知っているという人は少ないですよね。
トラックの中古車販売会社への問い合わせ件数も多いようですが、深い知識があれば車両も選びやすくなるはず。
特に必須なのは肝心のゴミの圧縮・排出形式なので、そこは確実に理解しておきましょう。
まず、ゴミの圧縮形式には3種類あります。
大量のゴミを一度に輸送するために編み出されたのが、ゴミを圧縮して収納する技術。
パッカー車には、プレス式、回転板式、ロータリー式という3つの圧縮方式があり、その仕組みに適したゴミに使われています。
ゴミと一言で言ってもその大きさや形状は千差万別、決まったものはありませんから、都度最適なパッカー車を投入する必要があります。


プレス式は別名圧縮板式とも言います。
その構造は、投入口の手前と奥で2段階に分けてゴミを処理することが出来るのが大きな特徴。
まず手前のプレスプレートでゴミを細かく粉砕し、それを奥の押し込み板で最大限圧縮した上で荷箱へ送り込みます。
ゴミは砕かれて圧縮されるため、粗大ゴミのような大きなゴミでも収集可能。
投入されるケースも、一般的な家庭ゴミはもちろんのこと、事業ゴミなどの大型なものまで対応出来るオールマイティなタイプです。
これに対して回転板式は、別名巻き込み式とも言われるタイプ。
回転板式にはプレス式ほどの圧縮力はありませんが、代わりに丁寧にゴミをまとめて行くといった特徴があります。
投入口にゴミを放り込むと、回転板がそのゴミを奥へかき込み、押し込み板で奥に重ねて詰め込んで行きます。
圧縮力は弱いですが、細かいゴミをかき集めるのに最適で、特に剪定作業を行う造園業者などが利用することが多いタイプです。


ロータリー式は、別名、荷箱回転式というもの。
その名の通り大きなドラムが中でゆっくり回転していて、入れたゴミを次々と荷箱の中へ押し込んで行く構造です。
回転板式も回転しますが、ロータリー式は常にドラムが回っているので、次々にゴミを投入出来るのが特徴。
ゴミをかき込まないので汚水が飛び散りにくく、構造がシンプルでメンテナンスしやすいと評判です。
ただ、積載量がちょっと少なく、運送効率が良いとは言えないのがネック。
圧縮力も弱いので、汚水を含むゴミなどに利用されることはあっても、中古ではあまり見かけないようですね。
最後に排出形式ですが、こちらは比較的シンプルで、押し出し式とダンプ式の2種類になります。
押し出し式は、排出板で荷箱のゴミを押し出すタイプ。
ダンプ式は荷箱をダンプアップさせて、ゴミを落とすタイプになります。

カテゴリー

ページトップへ