わかりやすく説明!パッカー車の比較6サイト

トップ > パッカー車について > パッカー車と呼ばれるトラックの特徴

パッカー車と呼ばれるトラックの特徴

働く車として救急車や消防車などが有名ですが、その中の1つとしてパッカー車がありますよ。
パッカー車という名前の他に、じんかい収集車という名前やじんかい車という名前で呼ばれる場合もあります。
ですが一般的に多くのひとが認知している名前となるのがゴミ収集車という名前が多いです。
パッカー車自体の特徴ですが、荷台部分にゴミを積むための機能が備わっているという点がありますよ。
他にも荷台に荷物を乗せることができるダンプやトラックなどがありますが、パッカー車の場合は特に荷物を圧縮して回収する事ができるのが大きな特徴となりますね。
そのためパッカー車はゴミを集める時に使用される特別な来るまであり、私達の生活の中でもかかせない重要な車の1つとなります。
またゴミ収集車としての機能をもったパッカー車にも様々な大きさがあり、小型から大型まで状況に合わせて対応することができますよ。


パッカー車は荷台に大量のゴミを回収する事ができますが、実施に回収したゴミの排出方法などにもいくつか種類がありますよ。
ゴミを外に排出するたの方法ですが、1つ目は押し出し式タイプとなります。
これは荷台のゴミを収集する一番奥に排出板があり、その排出板がゴミを外へ押し出しす方法えゴミを排出しますよ。
一番奥のゴミも綺麗に排出することができるので、排出能力に優れているタイプになりますね。
もう1つのタイプになるのがダンプ式になります。
これは通常のダンプと同じように、荷台部分の片方が競り上がることで傾斜ができます。
その傾斜によってゴミが自然と外に排出される仕組みになっています。
ゴミの種類の中でも軽いゴミなどは荷台に残りがちですが、ダンプ式の場合は傾斜によって排出になるので軽いゴミでも綺麗に外にだせるという特徴があります。
排出方法によって相性のよいゴミの種類にも違いがあるので、集めるゴミに合わせて排出方法を選ぶことがポイントになりますね。


パッカー車はゴミを収集しますが、その収集方法にも3つの種類に分けられてそれぞれ特徴がことなります。
まず1つ目の回収方法となるのが、プレス式とyばれるタイプの回収方法があります。
圧縮タイプはゴミを入れる入口部分で一度細かくするため圧縮され、奥に押し込む際に再び圧縮して回収されます。
そんため2回の強力な圧縮能力を利用して大量のゴミを回収する事ができるタイプですよ。
2つ目の回収方法となるのが回転方式タイプになり、まきこみ式と呼ばれる場合もあります。
回転方式は回収口から奥に押し込む際に、回転板が回りながら奥にゴミを押し込んで集める事になります。
ただしプレス式に比べると圧縮能力は小さくなるので回収できる量は少なくなりますね。
3つ目の回収方法になるのがロータリー式タイプになります。
ロータリー式は大きな回転ドラムが常に回転しており、ゴミを連続でいれても流れるようにおこうに押し込んで回収するタイプになります。
ゴミの収集量は少ないですが、ゴミを連続に回収できるので効率の良いゴミ収集車の1つとなりますね。

次の記事へ

カテゴリー

ページトップへ